Menu

敏感肌や乾燥肌のクレンジング

0 Comment

ミルククレンジングは、数あるクレンジング剤の中でも、特に低刺激のクレンジングを求めている人向きです。自分自身の肌質を理解した上で、クレンジング剤を見極めることがポイントです。

リキッド型や、オイル型のクレンジングは、顔の隅々や、毛穴の中にまで入ったメイク成分を洗い落とすのに向いています。しかし、オイルやリキッド型のクレンジング剤は洗浄力が強いので、乾燥肌や、敏感肌の人は皮膚にダメージを受けてしまいます。油分を分解する力が強すぎると、皮膚がもともともっているバリア機能も破壊してしまいます。

ミルククレンジングの特性は、乳液のような見た目で、お肌に対してマイルドな刺激しか与えません。洗顔後の肌がしっとりしているのは、肌にもともとある油分は保持されているためです。肌を乾燥から守るために皮膚が分泌している油分は損ねず、メイク落としをすることができますが、その分、洗浄力は弱めです。似たような特性があるクレンジングにクリームクレンジングがありますが、ミルククレンジングのほうが肌には優しいといいます。

お肌の上でメイクを溶かし出す手間を考慮に入れると、ミルククレンジングのほうが、クリームクレンジングより使いやすいでしょう。洗浄力が強いクレンジングで目のまわりや口元のメイクは落とし、それ以外の部位には刺激が優しいミルククレンジングを使うのも賢い手法です。お肌のコンディションばかりでなく、どんなメイクをしているかも考慮に入れた上で、毎日使うクレンジングを利用することがポイントになります。