Menu

目の周りのしわ治療

0 Comment

目のまわりに出来たしわは目立つものですが、しわ治療を受けることによって気になる悩みから開放されます。目の周囲の皮膚にできたしわの治療には、どんなことをするでしょう。強い紫外線にさらされたり、年齢を重ねることで老化した肌は、皮膚の保湿成分であるコラーゲンが少なくなって、しわやたるみができやすくなります。お肌のしっとり感をキープするために必要な美容成分が失われると、肌はハリがなくなって、しわができやすい状態になります。

目のふちに小じわができやすいのは、目元の皮膚は薄く繊細なため、しわができやすく、乾燥しやすい部分だからです。皮膚は、こすりすぎると摩擦でダメージを受けますので、スキンケアを施す時などは気をつけましょう。スキンケアを丁寧に行っていたとしても、しわが出来てしまうこともあり、かなり目立つ場合には、美容外科での治療が必要になります。ヒアルロン酸を注射してしわを取り除く方法が人気がありますが、この方法ではたるみが気になっていた皮膚がふっくらとしてしわがなくなります。

ヒアルロン酸注射の利点は、不自然さのないしわ治療ができることです。あるいは、血小板を注射することで、拒絶反応を緩和する方法もあります。レーザー治療を施すことで、しわのない状態になるという美容施術を受けている人も大勢いるようです。肌の新陳代謝を活発にして、古くなった皮膚の代謝を促進するために、専用の光をしわの気になる部分にあてるという方法です。周波の高い光を皮膚にあてることで、肌細胞の中に存在している水分を振動させ、お肌の内部から新陳代謝を促進することによって、美容効果を高めるという方法です。