Menu

紫外線でサンタンが起きる理由

0 Comment

長期間、紫外線を受けていると日焼けしちゃうことは、たくさんのひとが理解してますね。日に焼ける元凶となる太陽光というものは、一体どのようなものでしょう。

UVとは、太陽光の一つであり、波長によりA波紫外線・B波紫外線、C波紫外線に選別することができます。ガラスの様な光を通す物体では、太陽光A波というものを防ぐことはむずかしく、肌へと達するんです。硝子越しに太陽の光をあびていたときや、車で移動をしてるときでも、紫外線A波は届いてしまうので日焼けするんです。

また、紫外線光b波についてはオゾン層で遮断されてしまうので、雲がかかっている日や、雨の日は衰退します。天気により照射している量が違う太陽光の量というのは、このUVB波なのです。

UVc波が日焼けしちゃうことに関わりはないのです。そのワケは、紫外線C波はオゾン層を通過しないからなんです。

A波というのは、窓ガラスを通り抜けることが可能であるので、皮膚の奥深い部分の真皮へと到達するのですが、有害度合でいうのならB波程じゃないといいます。

皮膚の日焼けの事を考えたら、室内で紫外線光をあびるので、常に対処を考える必要性のある太陽光なんです。皮膚の色は黒くなる事が、サンバーンの作用ではじゃないんです。シミやくすみが増えてしまうし、たるみや肌の老化要因にもなるものなんです。

太陽光でサンタンをしてしまうというのは、肌を防止するのにメラニンの色素を増やす、防御策なのです。黒く焼けた元気そうな印象を人に与えますが、美容という観点において考えるとお肌にとっては良い事じゃないので、日焼け対処法が重要です。