Menu

紫外線によって色焼けしてしまう肌のからくり

0 Comment

長期間、紫外線を受けていると日に焼けてしまう事は、だいたいの方が知っているんです。日焼けしちゃう要因である紫外線というのは、一体どのようなものなのでしょうか。

太陽光は、太陽光線の一種で、性質をA波紫外線、B波紫外線、C波と大きく3つに区分けする事が可能です。硝子のような光を通すものでは、UVA波というものを遮断することは出来ず、肌へと達しています。ガラス窓を挟んで太陽光をあびてた時や、車で移動をしてる場合も、UVa波は浴びるため陽焼けするのですよ。

一方、UVB波は雲で防げるから、曇りの日は、雨が降っている日衰退します。天気で照射の量が違う紫外線光量とは、此の紫外線光B波です。

UVC波が日焼けに関わることはないんです。それは、UVc波はオゾン層を抜けないためです。

a波は、窓ガラスを抜ける事ができるので、お肌の奥の真皮に届いてしまいますが、有害性で言うのならb波程ではないと言われてます。

皮ふの日焼けの事を考えたら、室内でUVをあびるので、常に対策と実行する必要のある紫外線光なのです。皮ふの色が黒くなる事だけは、色焼けの作用ではじゃ無いのです。しみやくすみが増えて、たるみや肌老化の要因にもなってしまうものなのです。

UVで陽焼けをしてしまうというのは、皮ふをガードするためにメラニンを増加する、いわば防御反応なのです。褐色に焼けてしまった皮膚は健康的な印象を相手に与えるのですが、肌年齢という視点において考えると肌にとってはいいことじゃないので、その対処法がだいじです。